オーナーズニュース5月号:平成30年の公示地価が公表されました

平成30年の地価が公示されました 平成30年3月27日に地価(1月1日時点)が公示されました。全国平均では、住宅地の地価は10年ぶりに上昇に転じ、商業地及び全用途平均では、地価の変動率は3年連続の上昇となりました。

住宅地/雇用・所得環境の改善が続く中、低金利環境の継続による需要の下支え効果もあって、利便性の高い地域を中心に地価の回復が進展。商業地/外国人環境客による店舗・ホテル需要の高まりや、主要都市でのオフィス空室率低下などにより、良好な資金調達環境の下、
    不動産需要は旺盛で総じて堅調に推移。

【  メリット 】不動産価値が上昇することです。特にすでに不動産所有されていて、売却を考えている方にはメリットと言えます。
【デメリット】①不動産を購入するのにより多くの資金が必要になること。
②税金負担が増えること。地価が上昇すると、固定資産税などといった税金の額も上がります。

平成30年度3(2018年度)は3年に一度の固定資産税(土地・家屋)の評価替えの基準年度になります。保有資産の運用について見直しを行う機会にしてみては如何でしょうか。ご相談は全国ネットワークの当社までお気軽にお問合せください。


特集 - 借りる

  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

    初めての一人暮らしお役立ち情報(宅建協会)

  • 画像リンク

    不動産購入をお考えの方お役立ち情報

  • 画像リンク

    ローン借入額、返済額の計算(アットホーム)

  • 画像リンク

    くみんスタッフのブログはこちら♪

  • 画像リンク

    板橋区4店舗のネットワーク