オーナーズニュース10月号

基準地価 27年ぶりの上昇
国土交通省は、平成30年9月18日に平成30年7月1日時点現在の
基準地価を発表しました。
全国の林地を除いた宅地(全用途)は、前年に比べて0.1%上昇。
1991年以来のプラスとなりました。

基準地価とは
国土交通省が毎年9月に公表する「その年の7月1日時点における全国の基準地の土地価格を公示する指標」です。不動産鑑定士が調査の対象となる基準地を調査し、通常成立すると考えられる1㎡あたりの価格を示しています。毎年1月1日時点の土地価格を示す「公示価格」を補完し、より適正な地価の動向が分かるようになっております。

ポイント
27年ぶりの基準地価上昇で、土地や不動産の所有者にとっては資産価値が増える反面、税金負担が増えることも懸念されます。また、地域によって地価の動向が異なるため、近隣地域の地価は今どうなのかを確認し、改めて資産の活用方法を考えるきっかけにしてください。


特集 - 借りる

  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

    初めての一人暮らしお役立ち情報(宅建協会)

  • 画像リンク

    不動産購入をお考えの方お役立ち情報

  • 画像リンク

    ローン借入額、返済額の計算(アットホーム)

  • 画像リンク

    くみんスタッフのブログはこちら♪

  • 画像リンク

    板橋区4店舗のネットワーク